印刷

お知らせ・情報

つくば機能植物イノベーション研究センター(T-PIRC)キックオフシンポジウムを開催

2017/02/24

 筑波大学の遺伝子実験センターと農林技術センター農場部門を統合し,平成29年4月1日より新たに「つくば機能植物イノベーション研究センター(T-PIRC)」を設立する予定です。新センター設立にあたり,2月24日に設立記念キックオフシンポジウムを開催しました。内閣府,文部科学省,農林水産省をはじめ,学内外から142名が参加しました。

 開会式では,永田恭介学長が, T-PIRCの趣旨について言及し,当該センターを通じた産官学連携や国際共同研究の一層の推進について述べました。また,内閣府総合科学技術・イノベーション会議の久間和男議員,文部科学省研究振興局ライフサイエンス課の原克彦課長,農林水産省農林水産技術会議事務局の菱沼義久研究総務官が,それぞれ我が国の科学研究政策とT-PIRCによる産官学連携の推進への期待を述べられました。

 当シンポジウムでは,現代社会が抱える食の問題から未来の食料生産技術への展望などについて7人の演者により「消費者」,「研究者」,「企業」の視点から講演いただきました。参加者からは,「とても良いシンポジウムだった。筑波大学の意気込みが強く印象に残った」,「幅広い領域での講演,大変勉強になった」,「新たな連携スキームのアイデア,技術開発の方向性についてイメージが分かった」などの声をいただきました。

永田恭介学長による開会の挨拶

江面浩教授によるT-PIRCの紹介

三明康郎副学長(研究担当)による閉会の挨拶

このページのトップへ