印刷

お知らせ・情報

平成28年度筑波大学海外留学支援事業(はばたけ!筑大生)「海外武者修行支援プログラム」の帰国報告会を開催

2017/03/03

 3月3日,海外留学支援事業(はばたけ!筑大生)海外武者修行支援プログラムの帰国報告会を開催しました。今年度は17件の企画が採択されており,それぞれの企画を立案した学生グループらは,当初の計画に沿って海外に赴き,交流・研修活動などの武者修行を行い,多くの成果を得て帰国して,今回の報告会に臨みました。

 帰国報告会には,学生グループらのほかに,伊藤眞副学長(教育担当),三明康郎副学長(研究担当),玉川信一副学長(学生担当),石野利和副学長(財務・施設担当),西川博昭副学長(学術情報担当)・附属図書館長,德永保大学執行役員(大学戦略・企画評価担当),金保安則大学執行役員(産学連携担当),河瀨眞琴グローバル・コモンズ機構・国際交流支援部門長をはじめ多くの教職員が出席しました。また,学生グループのメンバーのうち,本プログラム終了後に文部科学省の「トビタテ!留学JAPAN」で海外留学している学生が,留学先からSKYPEで参加しました。

 帰国報告会の冒頭では,永田恭介学長が,ビデオメッセージにより学生の海外飛躍への期待を述べました。次いで,学生グループらが,実施内容や成果,今回の海外武者修行で達成したことなどを報告しました。出席者から矢継ぎ早の質問が出され,約5時間の帰国報告会は盛会のうちに終了しました。

 平成29年度の海外留学支援事業(はばたけ!筑大生)海外武者修行支援プログラム(平成29年7月以降出発,平成30年2月までに帰国)の募集は,平成29年4月に予定しています。

「世界のデザイン・日本のデザイン」の構成員

「自転車利用の地域コミュニテイのレジリエンス向上」の発表

問合せ先

 学生部学生交流課
 電話 029-853-6067
 eメール isc-kaigai#@#un.tsukuba.ac.jp(「#@#」を 「@」 に置き換えてください)

海外武者修行支援プログラムとは

本学では,平成27年度から「海外留学支援事業(はばたけ!筑大生)」を開始しました。この海外留学支援事業(はばたけ!筑大生)を構成する支援プログラムの1つである「海外武者修行支援プログラム」は,任意結成の学生グループが自ら企画して海外に赴き,交流・研究活動する「武者修行」を支援するものです。選考時にはプレゼンテーションを行い,また,帰国後には帰国報告会(学長主催)で武者修行の報告を行います。

このページのトップへ