印刷

お知らせ・情報

Japan College Sport Research Project最終報告シンポジウムを開催

2017/03/29

3月29日,2016年7月から始動した筑波大学,米国・テンプル大学,株式会社ドーム間の共同研究プロジェクトの最終報告シンポジウムを以下のプログラム内容で開催しました。大学関係者,民間企業,メディアから100人を超える参加者がありました。

プログラム

第1部

研究プロジェクト報告
・筑波大学・松元 剛 准教授「日本における大学スポーツの現状」
・テンプル大学・Daniel Funk教授「米国大学スポーツがもたらすベネフィットとは」
・ミネソタ大学・井上 雄平 助教授「米国大学体育局の組織体制と財政状況について」
筑波大学・永田恭介 学長 挨拶

第2部

シンポジウム 「日本版アスレチックデパートメントとは」
・テンプル大学・Jeremy Jordan上級准教授
・Jordan/Funk/井上/株式会社ドーム・Kevin Abeによるパネルディスカッション
・筑波大学・松元 剛 准教授「来年度からの取り組み紹介」

筑波大学・松元准教授

テンプル大学・Funk教授

ミネソタ大学・井上准教授

テンプル大学・Jordan上級准教授 

筑波大学・永田学長

担当:スポーツイノベーション開発研究センター

関連リンク

このページのトップへ