印刷

お知らせ・情報

永田学長,ベントン副学長が東アジア研究型大学協会(AEARU)第40回理事会に出席

2017/04/15

 日本,中国,韓国,台湾,香港の研究型大学が協力する東アジア研究型大学協会(AEARU)第40回理事会が, 4月15日に大岡山の東京工業大学で開催され,本学からAEARU副会長を務める永田恭介学長及びベントン・キャロライン・ファーン副学長(国際担当)が出席しました。

 永田学長より,次回のAEARU第41回理事会および第23回総会は,筑波において9月24日(日)~25日(月)につくばグローバルサイエンスウイーク(TGSW)と併せて開催する旨が報告されました。

 AEARU理事会後は,2016年度ノーベル生理学・医学賞の大隅良典東京工業大学栄誉教授の研究室を訪問しました。大隅名誉教授より「オートファジーの仕組みの解明」について説明があるとともに,基礎科学の重要性が述べられました。また,元素戦略研究センターを訪問,細野秀雄センター長より説明を受けた後,センター内の研究室を訪問しました。

AEARU理事会:向かって右から永田学長(副会長),ソウル大学長Nak-in Sung(会長),香港科技大学長Tony F Chan(理事)
登壇者:東京工業大学(主催)三島良直学長(理事)

AEARU理事(7大学)会場内 集合写真(筑波大学,ソウル大学,東京工業大学,香港科技大学,南京大学,北京大学,国立台湾大学)

AEARU理事(7大学)東京工業大学キャンパス集合写真

ノーベル生理学・医学賞大隅良典東京工業大学名誉教授による説明

細野秀雄東京工業大学元素戦略研究センター長による説明

このページのトップへ