印刷

お知らせ・情報

筑波大学芸術系収蔵作品「自画像」展を開催

2017/04/25

 スタジオ ‘S(つくば市二の宮1-23-6)では,4月15日〜5月12日の期間,2017年度最初の展示として筑波大学芸術系収蔵作品「自画像」から,平成28年度筑波大学芸術専門学群卒業生(洋画、日本画、版画コース)ならびに同筑波大学大学院博士前期課程芸術専攻修了生(洋画、日本画領域)の作品49点の自画像を展示しています。

 4月25日,永田恭介学長,稲垣敏之副学長(総務・人事担当),玉川信一副学長(学生担当)が関彰商事株式会社の関正樹社長とともに作品を鑑賞しました。作者の人間総合科学研究科芸術専攻の学生による作品,制作,研究について意見交換し,スタジオの一部を学外アトリエとして活用している様子なども視察しました。

関連リンク

PDF資料

このページのトップへ