印刷

お知らせ・情報

永田学長がドイツ サイバーダイン・ケア・ロボティックス社を訪問

2017/06/06

 6月6日,永田恭介学長がドイツ連邦共和国 ボーフム市にあるCyberdyne Care Robotics GmbH(サイバーダイン・ケア・ロボティックス社)を訪問しました。

 同社は,システム情報系 山海嘉之教授(サイバニクス研究センター長)が代表を務める筑波大学発のベンチャー企業 CYBERDYNE(サイバーダイン)株式会社の子会社で,医療用ロボットスーツ「HAL」の欧州展開を推進しています。

 今回の訪問には本学のほか,ボーフム市,ボーフム大学,ボーフム経済振興協会,在デュッセルドルフ日本国総領事館も参加し,HALを用いたリハビリテーションについて担当医師による説明を受けたのち,実際にリハビリを行っている様子を見学しました。また,見学終了後には参加者らによる意見交換の場が設けられ,欧州における同社の活動や,学術を中心とした日独市民交流などについて,相互に意見を交わしました。

このページのトップへ