印刷

お知らせ・情報

本学所蔵のアート・コレクションが体育・芸術図書館に特設展示

2017/09/22

本学が所蔵し芸術系が管理するアート・コレクションは600点を超えますが,その核をなす200余点の近代絵画と近世陶磁器は,株式会社図書館流通センター代表取締役会長であった石井昭氏が2005年から2010年にかけて本学に寄贈してくださったものです。さる9月22日には常陽銀行のご厚意により同行の研究学園都市支店で石井コレクションの中国磁器1点の展示が始まりました。同じ日,体育・芸術図書館の2階カウンター前にも明時代に作られた中国磁器《五彩赤玉兎花鳥文盤》がお目見えしました。

本学では,学内に複数ある展示スポットを結ぶ「アート・ストリート」を芸術系により運営・展開していますが,その拠点のひとつは大学会館の筑波大学ギャラリーです。そこには常時15点ほどの石井コレクションの作品が展示されていますが,体育・芸術図書館での特設展示は,そのサテライトとしての役割が期待されています。全国的にも稀な体育と芸術を専門としたその図書館には,すでに「ユーリカ!」というアートの雰囲気にあふれる共用スペースがありますが,石井コレクションの陶磁器の展示が加わったことで,その特色はいっそう豊かな彩をもつものになるでしょう。

この体芸図書館での特設展示は,おおむね半年ごとに作品を入れ替える予定です。大学会館のギャラリーでの常設展示,そして常陽銀行研究学園都市支店での展示とあわせて,本学所蔵のアート・コレクションを身近で存分にご鑑賞ください。

関連リンク

このページのトップへ