印刷

お知らせ・情報

教育開発国際協力研究センターがインドネシア教育省と教科書・教材開発プロジェクトを開始

2017/09/29

教育開発国際協力研究センター(CRICED)が,インドネシア教育省と小・中学校の算数・数学科教科書の共同開発プロジェクト(5年間)を9月29日に開始しました。

インドネシア教育省教育課程・教科書センターでは,年度内に学校図書の教科書「みんなと学ぶ小学校算数」「中学校数学」を翻訳・出版し,指導と評価の参考教材として教室向けにweb配信し,教員研修で利用する方針です。9月29日~10月2日には,同教育省による共同開発合宿が,ジョグジャカルタ・ノボテルホテルで,インドネシア教育省及びインドネシア全土の主要大学院大学から74名を宿泊招聘して実施されました。

出版される教科書・コンテンツには「筑波大学の桐の葉ロゴ」が記されます。インドネシアは,日本の人口の約2倍(2億6千万人),国土面積約5倍,東西距離約2倍の東南アジア随一の大国です。その小中学校及び教員養成で筑波大学による教科書・教材が活用されることは,筑波大学の海外展開の基盤となります。

(写真中段左からニザム博士/教授(前教育省評価局部長:現ガジャマダ大学工学部学部長),ラジャイ博士(教育省教育課程・教科書センター長),トト博士(教育省研究開発局長),礒田博士/教授(筑波大学教育開発国際協力研究センター長),ワヒュウディ博士(SEAMEO Qitep in Mathematics所長))

翻訳される「みんなと学ぶ小学校算数」は,附属小学校算数部の先生方が執筆しています。CRICEDは,すでにメキシコ(人口1億6千万人)の教員養成教科書(算数),タイ(人口6千万人)の小学校教科書開発(算数),そしてパプアニューギニアの小中学校教科書開発(一部JICA事業として進行中)を行っています。

このページのトップへ