印刷

お知らせ・情報

「高細精医療イノベーション研究コアシンポジウム―睡眠とゲノム研究による未病社会の構築」を開催

2017/11/09

11月9日,春日エリア高細精医療イノベーション棟で「高細精医療イノベーション研究コアシンポジウム―睡眠とゲノム研究による未病社会構築」を開催しました。

「高細精医療イノベーション研究コア」(研究コア長:礒田博子教授(生命環境系))は,革新的な医療開発の実現に向け,産官学の研究者が垣根を越え,一つ屋根の下で協働して研究を遂行する組織です。
今回のシンポジウムでは,高細精医療イノベーション研究コアメンバーである佐藤孝明特命教授(プレシジョン・メディスン開発研究センター長)による「未病社会に必要なプレシジョン・メディスン」の講演,「COI食と健康の達人拠点」筑波大学サテライトメンバーである徳山薫平教授(体育系,国際統合睡眠医科学研究機構)による「睡眠研究の今後の展望」の講演を行ったほか,運動や活力を支える食の研究や商品化に取り組む企業研究者による「COI食と健康の達人拠点」筑波大学サテライトの研究成果,進捗状況を報告しました。
当日は一般参加者のほか,製薬企業や住宅メーカーなど62人が参加し,高細精医療イノベーション棟1階に常設中の「COI参画企業ブース」見学時には,企業や研究者,教員らによる交流や活発な議論が行われました。

「高細精医療イノベーション研究コア」では,テーラーメイド治療の開発や,美味しい食・楽しい運動・良質な睡眠の研究を推進し,健康長寿社会の構築を目指して取り組んでいきます。

(COI参画企業ブースでは,成果品の体験・デモ等を実施)

(佐藤特命教授による講演の様子)

関連リンク

このページのトップへ