印刷

お知らせ・情報

箱根駅伝に相馬崇史選手が関東学生連合チームで出場内定!

2017/12/27

本学陸上競技部の相馬崇史選手(体育専門学群1年)が、1月2日・3日に開催される第94回東京箱根間往復大学駅伝競走の関東学生連合チームに選抜され、第5区を走ることが内定しました(正式な区間エントリーは、12月29日に発表)。

筑波大学の学生が箱根駅伝に出場するのは、第83回大会に同じく学生連合チームで大城選手が出場して以来、11年振りとなります。(なお、学生連合チームは、オープン参加となりますので、総合順位や区間順位はつきません)

第5区は、箱根の山を登る高低差が800m以上ある厳しいコースとして知られ、往路のアンカーとなる重要区間になります。責任の重い区間ですが、この区間への出走は本人が熱望したものであり、熱血な走りが期待されます。本学陸上競技部は「強化練習も完璧にこなし、あとは調子のピークを1月2日に持っていくだけ」と語っており、桐の葉のユニフォームが箱根路を彩るシーンが見られるかもしれません。

より多くの方のご声援で、頑張る相馬を後押ししていただけると幸いです。熱い応援をよろしくお願いします。

(相馬崇史選手)

このページのトップへ