印刷

お知らせ・情報

韓国の高校生が本学で研修

2018/02/23

韓国全羅南道教育委員会と国立光州科学館は,科学者を目指す高校生を選抜し,海外の大学に派遣するNobel Projectの一環として,本学に16名の高校生と引率の教師2名を派遣しました。

一行は2月19日から23日まで本学に滞在しました。初日は広報室主催のキャンパスツアーに参加して,総合図書館,計算科学研究センター,遺伝子実験センターなどを見学しました。2日目と3日目は4グループに分かれて生物学類と遺伝子実験センターの4研究室での生物学実験実習を行いました。また,4日目は国立科学博物館筑波研究施設の標本収蔵庫を見学し,5日目は国際統合睡眠医科学研究機構(IIIS)の施設見学,柳沢正史機構長による研究紹介,ワークショップなどに参加しました。

生物学実験実習では,短時間にもかかわらず,各グループとも立派なレポートをまとめたほか,柳沢機構長の研究紹介では機構長も舌を巻くほど鋭い質問が飛び出しました。

(柳沢機構長による研究紹介,ワークショップ)

(集合写真)

このページのトップへ