印刷

お知らせ・情報

平成29年度筑波大学海外留学支援事業(はばたけ!筑大生)「海外武者修行支援プログラム」の帰国報告会を開催

2018/03/02

3月2日,海外留学支援事業(はばたけ!筑大生)「海外武者修行支援プログラム」の帰国報告会を開催しました。今年度は18件の企画を採択しました。それぞれの企画を立案した学生グループは,当初の計画に沿って海外に赴き,交流・研修活動など武者修行を行い,多くの成果を得て帰国して,今回の報告会に臨みました。

帰国報告会には,清水諭副学長(教育担当),木越英夫副学長(研究担当),金保安則副学長(産学連携担当),玉川信一副学長(学生担当),BENTON Caroline F.副学長(国際担当),石野利和副学長(財務・施設担当),西川博昭副学長(学術情報担当,附属図書館長),河瀨眞琴グローバル・コモンズ機構国際交流支援部門長をはじめ,多くの教職員が出席し,学生グループが実施内容や成果,そして海外武者修行として何を達成したかなどを報告しました。出席者から矢継ぎ早に質問があり,約5時間の帰国報告会は盛会のうちに終了しました。

なお,本事業海外武者修行支援プログラムは平成27年度から授業科目化(単位化)され,帰国報告会での評価結果を基に成績評価を行うこととなりました。平成30年度筑波大学海外留学支援事業(はばたけ!筑大生)「海外武者修行支援プログラム」の募集は,平成30年4月に予定しています。

問合せ先

学生部学生交流課
電話 029-853-6067
メール isc-kaigai#@#un.tsukuba.ac.jp(「#@#」を 「@」 に置き換えてください)

海外武者修行支援プログラムとは

本学では,平成27年度から海外留学支援事業(はばたけ!筑大生)を開始しました。この事業を構成する支援プログラムの1つである「海外武者修行支援プログラム」は,任意結成の学生グループが自らの企画により交流・研究活動等,武者修行の目的のため海外に赴く学生グループを支援するもので,選考時にはプレゼンテーションを行い,帰国後には帰国報告会(学長主催)に出席して武者修行の報告を行います。

PDF資料

このページのトップへ