印刷

お知らせ・情報

産学11機関によるレジリエンス研究教育推進コンソーシアムが発足

2018/03/09

3月9日,嘉ノ雅 茗渓館 大ホール「茗渓」にて,産学11機関によるレジリエンス研究教育推進コンソーシアムの発足に伴う共同記者発表が行われ,本学から永田恭介学長と清水諭副学長(教育担当)が出席しました。

本共同記者発表では,大学,研究機関,産業及び行政の連携・交流の促進を図るとともに,研究教育とその実用化を支援するため,筑波大学とつくば市および近郊地区の研究機関,企業などの連携によりリスク・レジリエンス分野における日本ひいては世界の知と研究教育の核となる活動を支援する,レジリエンス研究教育推進コンソーシアムの設置が発表されました。本コンソーシアムには,セコム株式会社,大日本印刷株式会社,日本電気株式会社,一般財団法人 DRIジャパン,一般財団法人 電力中央研究所,一般財団法人 日本自動車研究所, 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 電子航法研究所,国立研究開発法人 産業技術総合研究所,国立研究開発法人 防災科学技術研究所,独立行政法人 労働者健康安全機構 労働安全衛生総合研究所,国立大学法人 筑波大学が参画します。

今後,本コンソーシアムは,リスク・レジリエンス分野のセミナー,講演会,研究会,シンポジウムなどを開催し,新たな研究領域を探究するとともに,参画機関の知の協働により筑波大学に設置が計画されている学位プログラムにおいて,アカデミックなグローバル人材を育成する礎となります。

(永田学長による挨拶)

(共同記者発表の様子)

(登壇者の集合写真)

PDF資料

このページのトップへ