筑波大学|お知らせ・情報|ニュース|宮地秀享選手が体操競技・鉄棒での活躍を永田学長に報告

印刷

お知らせ・情報

宮地秀享選手が体操競技・鉄棒での活躍を永田学長に報告

2018/04/02

本学大学院在学中の宮地秀享選手(人間総合科学研究科体育学専攻2年・茗渓クラブ所属)が,昨年12月10日に開催された豊田国際体操競技選手権大会の鉄棒で優勝,本年2月25日に開催された2018FIG種目別ワールドカップ・メルボルン大会の鉄棒で優勝という輝かしい成績を収めました。

両大会の成績を報告するため,4月2日に宮地選手が渡辺良夫教授(体育系)とともに,永田恭介学長及び佐藤忍副学長(学生担当),清水諭副学長(教育担当)を表敬訪問しました。

宮地選手は,昨年モントリオールで開催された体操世界選手権の鉄棒で,世界で初めてⅠ難度の伸身コバチ2回ひねりを成功させ「ミヤチ」と命名されました。両大会でも見事に「ミヤチ」を成功させての金メダル獲得です。

学長から今後の目標を聞かれた宮地選手は,東京オリンピックへの意気込みなどを語り,終始和やかな雰囲気で懇談しました。

最後に学長から,素晴らしい成績を収めたことへの労いと,東京オリンピックでの金メダルを目指して頑張ってほしいとの激励の言葉がありました。

(報告の様子)

(宮地選手)

(集合写真。左から,佐藤副学長,清水副学長,永田学長,宮地選手,渡辺教授)

このページのトップへ