印刷

お知らせ・情報

マレーシア日本国際工科院 Ali Selamat院長一行が来訪

2018/05/16 クアラルンプールオフィス寄稿

5月16日,マレーシア日本国際工科院 (Malaysia-Japan International Institute of Technology; MJIIT)から,Ali Selamat院長をはじめ,牧島亮男副院長,Hairi Zamzuri学科長(Electronic Systems Engineering学科),Zurik Azaham Aris事務長,林 伸江JICA専門家が来訪されました。Ali Selamat院長は今年2月に就任されたばかりで,今回初めて本学を訪問されました。

午前に,本学の藻類バイオマス・エネルギーシステム開発研究センター(ABES)を視察され、また、永田恭介学長,ベントン キャロライン副学長(国際担当)を表敬訪問されました。

その後,一行は,2016年4月に環境防災研究棟内に設置された”U. Tsukuba-MJIIT Cooperation Office”において,本学の科目ジュークボックスシステム(Campus-in-Campus)や産学連携等の取り組みの紹介に熱心に耳を傾けておられました。

今回の来訪を通じて,両国間の交流の更なる深化と拡大が期待されます。

(ABES視察)

(表敬の様子)

(集合写真)

(科目ジュークボックスシステムの説明)

(産学連携の説明)

関連リンク

このページのトップへ