筑波大学|お知らせ・情報|ニュース|国立台北大学と全学協定を締結

印刷

お知らせ・情報

国立台北大学と全学協定を締結

2018/05/23

5月23日,国立台北大学(台湾)の李承嘉学長一行が永田恭介学長,ベントン キャロライン副学長(国際担当)を表敬訪問され,本学と国立台北大学で全学協定を締結しました。

本学と台北大学の間には,主に本学出身の李嘉進教授を通じた交流の実績があります。今回の協定締結を機に,今後,両大学間の関係強化と台湾研究の更なる進展が期待されます。

また,一行は土浦協同病院を訪問され,筑波大学発ベンチャー企業 サイバーダインのロボットスーツを装着体験するなど,日本同様に台湾も抱える少子高齢化問題の改善の一助となる介護の現場を視察されました。

(協定締結)

(台北大学一行(李承嘉学長:中央,陳春生副学長:右から3人目,李嘉進博士:左から3人目))

(ロボットスーツHALの装着体験)

このページのトップへ