印刷

お知らせ・情報

アイソトープ環境動態研究センターが文部科学省の共同利用・共同研究拠点に認定

2018/06/25

筑波大学アイソトープ環境動態研究センターは,平成31年度からの共同利用・共同研究拠点「拠点名:放射能環境動態・影響評価ネットワーク共同研究拠点」として文部科学省に認定されました。
本拠点は,筑波大学アイソトープ環境動態研究センター(中核機関),福島大学環境放射能研究所,弘前大学被ばく医療総合研究所を共同利用・共同研究拠点の研究施設として,⽇本原⼦⼒研究開発機構福島環境安全センター,量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所福島再生支援本部及び,国⽴環境研究所福島⽀部が連携施設として認定されています。

認定の有効期間は平成31年4月1日から平成34年3⽉31⽇。研究成果の集約及び社会への発信により,⼀層の社会貢献が期待されています。

PDF資料

「放射能環境動態・影響評価ネットワーク共同研究拠点」(1.22MB)

共同利⽤・共同研究拠点とは

学術研究のさらなる発展のために,⼤学の研究ポテンシャルを活⽤し,研究者が共同で研究を⾏う体制を整備することを⽬的とし,学術研究の基盤強化と新たな学術研究の展開を⽀援するべく,⽂部科学⼤⾂による認定制度が,平成20年7⽉に設けられました。

関連リンク

このページのトップへ