印刷

お知らせ・情報

ワシントンD.C.近郊の高校生向けにリクルート活動を実施

2018/10/15

10月13日から15日にかけて、櫻井岳暁准教授(数理物質系)他2名がワシントンD.C.近郊で開催された現地高校生向けのカレッジ・フェア及びカレッジ・ナイトに参加したほか、複数の高校を訪問し、本学の留学生向けプログラム(主に学士課程)について説明を行いました。カレッジ・フェア及びカレッジ・ナイトには約200人が本学のブースを訪れ、高校訪問では約80名の学生が本学の話に耳を傾けました。

今回のリクルート活動では、来年度新規に開設する総合理工学位プログラムを中心に、本学の英語プログラムについて説明を行いましたが、とりわけ工学やバイオロジー、スポーツやアートに対する関心が高く、日本語を勉強している縁から日本の大学への進学を検討している学生も目立ちました。日系家族のみならず、多様な文化的背景をもつ現地の高校生とその家族から注目を集め、本学では高い研究力の下、幅広い分野を勉強できること、アメリカの大学と比べて学費や生活費を抑えられることなどの魅力をアピールする良い機会となりました。

アメリカ東海岸でのリクルート活動はまだ始まったばかりですが、2、3年後に大学入試を控えた比較的若い参加者が多く、今後も積極的にリクルート活動を継続していく予定です。

(カレッジ・フェアの様子)

(高校での説明の様子)

このページのトップへ