印刷

お知らせ・情報

総合理工学位プログラム(学士課程)の開設について

2018/12/17

本学では,文部科学省スーパーグローバル大学創成支援事業の取組の一つとして,英語による授業のみで学位が取得できる新たなプログラムとして「総合理工学位プログラム(学士課程)」を開設しました。

このプログラムでは,すべてのモノづくりの基盤となる知識・技術を分野横断的に身につけ、また第一原理的な視点から考え、創造的な課題解決や新たな価値の社会実装に取り組むことのできるグローバル人材を育成します。理工系分野での世界標準の講義体制と、三年次からの研究室による課題解決型学修(PBL: Project/Problem Based Learning)をカリキュラムに組み込むことで、ミクロからマクロスケールにわたる技術をモノづくりと有機的に連携・発展させ、超スマート社会(Society 5.0)の実現や付加価値の高いイノベーションの創出に貢献できる、次世代の技術者・研究者となるための学修を提供します。

なお、2019年9月入学者の選抜(外国籍を有する学生が対象)については、以下のプログラムサイトにて募集要項を公開の上、ウェブ出願の受付を開始しています。

http://www.global.tsukuba.ac.jp/interdisciplinary-engineering/applications

また、本プログラムは、2018年度「国費外国人留学生の優先配置を行う特別プログラム」に採択されました。これにより、優先配置枠(3名)内において、本学が推薦する留学生は、大学推薦(特別枠)の要件上不備がない限り、国費外国人留学生として採用されます(*優先配置予定期間:2019年9月から3年間)。具体的な申請スケジュール等については、2019年度入試の出願者を対象に後日、案内予定です。

関連リンク

このページのトップへ