印刷

お知らせ・情報

Jリーグ入団内定選手による合同記者会見を開催

2018/12/26

12月26日、来季からJリーグへの入団が内定している本学蹴球部の西澤健太(にしざわけんた)選手、鈴木徳真(すずきとくま)選手、鈴木大誠(すずきだいせい)選手、小笠原佳祐(おがさわらけいすけ)選手、会津雄生(あいづゆうき)選手による合同記者会見を行いました。(小笠原佳祐選手は体調不良で欠席のためコメントは代読)

本会見には多くの報道機関の皆様、本学蹴球部の学生などの関係者が集まり、各選手への期待の高さがうかがえました。

本会見において、小井土正亮蹴球部監督・体育系助教が、各選手の入団報告及び選手の紹介、さらに今後の活躍への期待を述べ、その後、各選手が入団内定を受けての抱負・意気込みなどを語りました。

各選手のコメント

【西澤 健太選手】J1清水エスパルス 入団内定

清水エスパルスユースから大学を経由してトップチームに戻るのは自分が初めてです。来シーズンに向けて楽しみな気持ちでいっぱいです。頑張っていきますので、よろしくお願いします。

【鈴木 徳真選手】J2徳島ヴォルティス 入団内定

新しいステップに行けることに対して監督はじめチームメイトに感謝しています。徳島のスタジアムで結果を残せるよう頑張っていきたい。「徳島の徳真」と言われるよう頑張っていきます。

【鈴木 大誠選手】J2徳島ヴォルティス 入団内定

高校の時はプロへ行く選択肢はなかった。そこから大学を通してプロになるためのチャレンジに賛同し協力してくれた監督、チームメイトに感謝の気持ちでいっぱいです。

【小笠原 佳祐選手】J2ロアッソ熊本 入団内定

筑波大学に入学し、周りの多くの支えのおかげでプロサッカー選手というのが次第に現実味を帯びていきました。キャリアをスタートさせるチャンスをいただいたロアッソ熊本に感謝し、来シーズンから全力で戦います。

【会津 雄生選手】J2FC岐阜 入団内定

FC岐阜でプレーするチャンスをいただき、とても感謝しています。筑波大学で学んだことを生かして、岐阜の勝利に貢献できるように頑張ります。ご声援をよろしくお願いします。

蹴球部 小井土正亮監督のコメント

4年間を振り返ると、彼らが入学してきた時、創部以来初めての関東大学リーグ2部でした。そこから、2016年の全日本大学サッカー選手権での優勝、2017年天皇杯全日本サッカー選手権大会でのJ1クラブからの勝利、関東大学リーグ1部での優勝と彼らは筑波大蹴球部の歴史を作ってくれました。彼らの力なしでは出来なかったことだと思います。
これから、彼らはプロの世界に旅立っていきますが、彼らならできると確信しています。
来季よりJリーグのピッチでプレーする5選手へのご声援をよろしくお願いいたします!

このページのトップへ