印刷

お知らせ・情報

第26回アジア輸出管理セミナー参加のアジア各国輸出管理担当行政官が本学を来訪

2019/02/28

2月28日開催の「第26回アジア輸出管理セミナー※excursion」にて、最先端の研究機関として筑波大学へ約30ヵ国50名の参加者が来学されました。

本学からは輸出管理統括責任者である木越英夫副学長(研究担当)の挨拶に続き、利益相反・輸出管理マネジメント室 境野明室長から本学の概要およびマネジメント室の概要についての紹介、中田修二輸出管理マネージャーから本学の輸出管理システムについての説明を行いました。続いて、研究者の立場から海老原格准教授(システム情報系)から、輸出管理のコンプライアンスを含めた国際共同研究の事例紹介をしました。

質疑応答についても活発に行われ、世界共通の取組である輸出管理について時間を超過して情報共有しました。


※ 経済産業省は外務省等と協力し、アジア各国政府・地域の輸出管理担当部局の支援を目的として、平成5年度から「アジア輸出管理セミナー」と称する国際会議を継続的に開催しています。例年、最終日にexcursionとして最先端の研究現場を見学する企画があり、毎年多数の参加者が大学や研究機関を訪問しています。


(中田輸出管理マネージャーの説明を熱心に聞く参加者たち)

(プレゼンをする海老原准教授)

このページのトップへ