印刷

お知らせ・情報

筑波大学SD研修「海外短期派遣研修参加者報告会」を開催

2019/03/14

3月14日、グローバル・コモンズ機構は、研修成果の共有とグローバル人材の育成を目的として、SD研修「海外短期派遣研修参加者報告会」を開催しました。

この報告会では、まずグローバル・コモンズ機構の関本啓子担当課長が開会の挨拶と趣旨説明を行いました。続いて、平成30年度に実施した海外短期派遣研修のうち、5組6名がアメリカ(フィラデルフィア、カリフォルニア)、中国(香港)、イギリス、台湾等での研修成果を報告しました。

最後に、国際担当の田中健太郎副理事と、グローバル・コモンズ機構長のベントン キャロライン副学長(国際担当)が講評を行い、報告の質が高かったことへの評価と、今後の課題についてのお話がありました。

終了後30名を超える参加者からは、「各発表とも内容が豊富で、大変勉強になった」「様々な研修があると知ったのが大きな収穫だった」「日本の大学との違いが興味深かった」「来年度は是非研修に応募したい」などの感想がありました。

グローバル・コモンズ機構では、今後も「国際性の日常化」を推進するため、職員のグローバル人材育成に資する取り組みを実施していきます。

(報告会の様子)

(講評を行う田中副理事)

(講評を行うベントン副学長)

このページのトップへ