印刷

お知らせ・情報

「茨城県・日立市女性のヘルスケア地域医療学寄附研究部門」に関する協定締結式を開催

2019/03/27

筑波大学は、茨城県及び日立市からの寄附により、茨城県、特に産婦人科医が不足している県北の中心都市である日立市を基点として、地域医療における女性のヘルスケア(周産期・腫瘍・生殖[がん・生殖医療を含む]・女性医学[アスリートに関する医療を含む]など)全般について対応する、医療体制の在り方の研究を推進することを目的として、「茨城県・日立市女性のヘルスケア地域医療学寄附研究部門」を設置することになりました。

これに伴い、平成31年3月27日、茨城県庁において、木越英夫副学長(研究担当)、佐藤豊実医学医療系(産科婦人科学)教授、茨城県からは大井川和彦知事、日立市からは小川春樹市長、奥村稔日立総合病院長が出席して、協定締結式が執り行われました。

(左側から、奥村稔日立総合病院長、小川春樹日立市長、大井川和彦茨城県知事、木越英夫副学長
  (研究担当)、佐藤豊実医学医療系(産科婦人科学)教授)

このページのトップへ