印刷

お知らせ・情報

World Cultural Council 第36回授賞式を開催

2019/10/04

10月4日、つくば国際会議場で開催された筑波会議2019において、World Cultural Councilと筑波大学の主催によりWorld Cultural Councilの第36回授賞式が開催されました。

授賞式は、永田恭介学長とColin Blakemore WCC理事長の挨拶に始まり、文化庁の中岡司次長とWCC役員のRené Asomoza Palacio氏がそれぞれ文化庁長官およびWCC創設者・名誉理事長Maestro Rafael Estradaに代わって祝辞を述べました。

これに続き、アルバート・アインシュタイン科学賞2019の受賞者であるZhong Lin Wangジョージア工科大学教授の表彰とスピーチ、レオナルド・ダ・ヴィンチ芸術賞2019の受賞者である映画プロデューサーのPaulo Branco氏の表彰とスピーチが行われました。

また、本学 医学医療系の松本正幸教授、生存ダイナミクス研究センターの島田裕子助教を含む10名の若手研究者に特別賞(Special Recognition)が授与されました。さらに、永田学長にJosé Vasconcelos教育特別賞のメダルが授与されました。

なお、本授賞式では筑波大学管弦楽団によるアンサンブル、および筝春会・竹桐会による演奏が行われ、授賞式に花を添えました。

また、授賞式に先立ち、10月3日にはBlakemore理事長、10月4日にはWang教授とBranco氏の講演会が、筑波会議2019におけるスペシャルセッションとして開催されました。

(授賞式の様子)

(永田学長の挨拶)

(Blakemore WCC理事長の挨拶)

(中岡文化庁次長による祝辞)

(Wang教授によるスピーチ)

(Branco氏によるスピーチ)

(登壇者全員による記念撮影(前列左から3人目が松本教授、同1人目が島田助教))

(筑波大学管弦楽団によるアンサンブル)

(筝春会・竹桐会による演奏)

このページのトップへ