印刷

お知らせ・情報

筑波大学が箱根駅伝予選会を突破!26年ぶりに箱根駅伝へ返り咲く

2019/10/28

10月26日に開催された第96回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)予選会において、筑波大学は昨年の17位から大躍進を遂げる第6位という好成績を収め、1994年以来26年ぶりに箱根駅伝出場の切符をつかみました。
本予選会は、43大学が出場し、そのうち上位10大学が箱根駅伝出場をきめました。

本学では、箱根駅伝出場を目標に2011年から「筑波大学箱根駅伝復活プロジェクト」を発足し、2015年に本学OBの弘山勉氏を監督に迎え、プロジェクトの推進を加速させました。
多くの皆さまに本プロジェクトは支えられ成績を伸ばし、この度悲願達成となりました。たくさんのご支援とご声援に心より感謝申し上げます。

箱根駅伝は、前大会でシード権を獲得した10校と予選を勝ち抜いた10校の計20校で争われます。筑波大学は挑戦者として1つでも上の順位を目指して精一杯の準備をしてまいります。引き続き筑波大学の応援をよろしくお願いいたします。

筑波大学箱根駅伝復活プロジェクトの詳細はこちら

 http://tsukuba-hakone.win/

特集「26年振りに開いた悲願の扉~第96回箱根駅伝予選会を突破して~」

 http://tsukuba-hakone.win/topics/news_20191026_hakoneyosen/

〇第96回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の予選会突破大学

 1位 東京国際大学
 2位 神奈川大学
 3位 日本体育大学
 4位 明治大学
 5位 創価大学
 6位 筑波大学
 7位 日本大学
 8位 国士舘大学
 9位 早稲田大学
10位 中央大学


激走する選手(左から金丸逸樹選手、猿橋拓己選手、西研人選手)

(本大会出場決定に歓喜する選手たち)

(弘山監督(前列右から6番目)を囲んで)

(激励に駆け付けた応援団)

このページのトップへ