印刷

お知らせ・情報

セーフティライフ講習会を実施

2019/12/03

12月3日、セーフティライフ講習会を実施しました。

本講習会は、筑波大学安全キャンペーンの一環として、学生団体(サークル)の代表者が切り替わるこの時期に合せて毎年開催しており、一般学生、全代会及び学生団体の代表者等、計102名の参加のもと実施しました。

はじめに、佐藤忍副学長(学生担当)から開会の挨拶をいただき、続いて、学生生活課 菊地文武学生支援係長から、筑波大学における事件・事故の現状と課題についての講演があり、飲酒トラブルの具体例や筑波大学生の被害事件、加害事件等の説明を通して、参加学生に防犯等の意識を促しました。

その後、講演Ⅱにおいて、医学医療系 森田展彰准教授から薬物乱用防止について講演をいただき、薬物の基礎知識、薬物使用に伴う具体的な症状、薬物使用に関する調査結果、薬物依存に至るメカニズムや薬物依存となった方からのインタビュー動画等を交え、薬物乱用の危険性について解説がありました。

最後に、加賀信広学生生活支援室長から閉会の挨拶がありました。

大学では、今後も学生の皆さんが、安全・安心で有意義な学生生活を過ごせるよう願っておりますので、参加された皆さんは、友人やサークルの構成員に情報提供いただき、一人ひとりが意識を高め、生活いただくようお願いいたします。

(開会の挨拶の様子(佐藤副学長から))

(菊地学生支援係長の講演(講演Ⅰ)の様子)

(森田准教授の講演(講演Ⅱ)の様子)

このページのトップへ