印刷

お知らせ・情報

陸上競技部駅伝チームがつくば市長を表敬訪問

2019/12/13

陸上競技部駅伝チームが、2020年1月2日~3日に開催される第96回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)出場を報告するため、12月13日に、五十嵐立青つくば市長を表敬訪問しました。

陸上競技部駅伝チームの弘山勉監督・選手から、予選突破までの取り組みや箱根駅伝に向けての抱負が語られ、五十嵐つくば市長からは「つくば市の皆さんが応援していると思います。箱根駅伝ではトレーニングの成果を存分に発揮し、目標を達成してください」と激励言葉をいただくなど、終始和やかな雰囲気で懇談が行われました。

懇談後には、五十嵐つくば市長から選手たちに市民の応援メッセージが入った大型の襷(たすき)4本が授与され、選手たちは、びっしりと書かれた応援メッセージに感激しながら「つくば市民の応援を受けて箱根駅伝に出場できることは光栄です」と喜びと感謝の意を伝えました。

また、表敬訪問の模様を取材するために多くのマスコミの方々が訪れました。期待の大きさの表れであり、今回の市長表敬訪問を通して、学生たちは箱根駅伝に向けてさらにモチベーションが高まったようです。

筑波大学は、つくば市の皆様の応援を力に箱根駅伝を戦います。熱い応援よろしくお願い致します。

筑波大学箱根駅伝復活プロジェクトの詳細はこちら

http://tsukuba-hakone.win/

(駅伝チームからの報告に耳を傾ける五十嵐つくば市長(右手前))

(箱根駅伝出場を報告する駅伝チーム(座席奥))

(市民の応援メッセージが入った襷(たすき)をかけて
(左から、弘山監督、大土手嵩駅伝主将、上迫彬岳駅伝主務、相馬崇史選手、金丸逸樹選手、五十嵐つくば市長))

このページのトップへ