印刷

お知らせ・情報

令和元年度SDセミナー「活気あふれるアジアの大学に学ぶ‐QS APPLE 2019より」を開催

2020/02/04

2月4日、グローバル・コモンズ機構は、令和元年度SDセミナーとして、「活気あふれるアジアの大学に学ぶ‐QS APPLE 2019より」を開催しました。

本セミナーは、世界トップレベル大学を目指す本学において、アジア太平洋地域の他大学の国際競争力向上に関する取組みを学ぶことを目的として開催したものです。2019年11月に九州大学において行われた「QS APPLE 2019」の参加者を中心とする本学の教職員が講師を務めました。

セミナーは4つの講演から成り、まずは世界大学ランキングの概要について、その種類やランキング算出方法等の解説から始まり、次に、QS APPLE 2019の概要説明がありました。続いて、アジア太平洋地域の他大学の世界大学ランキング向上を通じた国際化への取組について、QS APPLE 2019への参加により得られた情報の報告があり、最後に、アジア諸国の高等教育戦略や留学生動向の概要に関する講義が行われました。

セミナーの最後には活発な質疑応答が行われ、参加者の関心の高さがうかがえました。

グローバル・コモンズ機構では、今後も「国際性の日常化」を推進するため、グローバル人材育成に資する取組を実施していきます。

QS APPLEとは

英国の大学評価機関クアクアレリ・シモンズ(QS社)が開催する年次総会の一つであり、主にアジア太平洋地域の高等教育関係者が一堂に会して、高等教育に関する最新トピックス、 課題やグッドプラクティスの共有、国際ネットワークの推進、協定校開拓などを行う。

活気あふれるアジアの大学に学ぶ‐QS APPLE 2019より プログラム

①「世界大学ランキングの概要」
   講師: 学術情報部情報企画課情報ガバナンス担当 横山 望
②「QS APPLE 2019(報告)」
   講師: スーパーグローバル大学事業推進室 ストイッチュ マルコ
③「QS APPLE2019-ASIA PACIFICにおいて紹介されたアジア他大学の広報手法について」
   講師: 国際室 シャー勝間田マハディ
④「アジア諸国における高等教育と留学生動向の概要」
   講師: 国際室特命教授 東 照雄


(世界大学ランキングの概要説明をする講師)

(参加者からの質問に答える講師)

このページのトップへ