印刷

お知らせ・情報

駐日モロッコ王国全権公使一行がベントン副学長を表敬訪問

2020/02/04

2月4日、Mohammed MESKAOUNI(モハメッド・メスカウニ)駐日モロッコ王国全権公使一行が本学を来訪され、ベントン・キャロライン副学長(国際担当)、礒田博子生命環境系教授(地中海・北アフリカ研究センター(ARENA)センター長)、中嶋光敏生命環境系特命教授、森尾貴広国際室教授と、モロッコと本学との学術交流の促進に関する意見交換が行われました。

モロッコとは、礒田教授が研究代表者を務める地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)や日本・北アフリカ学長会議の共催の実績があり、今回の意見交換でもこの実績を基にした学術交流の展望について議論がなされました。

このページのトップへ