印刷

お知らせ・情報

フェイスシールドを市内医療機関へ無償提供

2020/05/01

筑波大学スポーツR&Dコアでは、スポーツ庁委託事業として、オリンピック/パラリンピックでのトップアスリートのサポートを目的とした競技用具の研究・開発及び協力企業と連携して製作等を行っています。

この度、本学体育系でつくば市との間で昨年度より運用している「スポーツ連携・マッチング制度」に基づき、地域貢献の一環として、新型コロナウィルス感染症の影響により、今後、益々調達が困難となることが予想されるフェイスシールドを、競技用具の研究のために用いる3Dプリンターを活用して作成し、5月1日につくば市を通して地域の医療関係者に無償提供しました。


(製作者 武田研究員(つくば市役所での贈呈))


(実際に装着した様子)


(3Dプリンタ)

関連リンク

このページのトップへ