印刷

研究

研究拠点・特色ある研究プログラム
サイバニクス研究コア

最先端研究開発支援プログラム:健康長寿社会を支える最先端人支援技術研究プログラム

中心研究者:山海 嘉之(システム情報系・教授)

本研究拠点では,さまざまな研究・教育・医療機関と密に連携可能な体制を構築し,サイバニクス技術を駆使した最先端人支援技術研究を強力に推進しています。国際的な研究コア拠点の形成と,産官学民を通じて世界的に認知された研究組織として活動を展開しています。

本プログラムでは,サイバニクス化技術の中で,「脳神経系から身体系に至る生理系支援技術(」生体電位信号系/再生医療/神経接続/脳コンピュータインタフェース/生理・運動系の分析/管理・生活支援)「身体機能を拡張・増幅・補助する動作支援技術」(ロボットスーツHAL/サイバニックリム/サイバニックハンド/次世代リハビリテーション)といった,人々と密接に関わる医療現場や日常生活空間における展開に注力して研究開発を推進しています。

なお,脳神経科学・生理学を基盤とする生体計測と,ロボット・情報技術によるインタフェースにより,人・機械・情報技術を核として真に人と人工物のシームレスな融合の実現を目指すとともに,「健康長寿社会を支える最先端人支援技術」として,人間を生理的・物理的・認知的に支援し,多くの人々が自立して相互に関わりながら安全・安心に生活できる「健康長寿自立社会」の創造に向けた挑戦を続けています。

中心研究者である山海嘉之教授は,再生医療・脳神経科学・神経生理学・ロボット工学・IT技術・行動科学・倫理・安全・心理学・社会科学などを融合複合した新しい学術分野「サイバニクス」を開拓・推進しています。これは,身体機能の拡張・増幅・補助を目的として開発された「ロボットスーツHAL」に代表される通り,世界トップの最先端人支援技術研究を牽引するものです。

このページのトップへ