印刷

在学生の方へ

海外留学・滞在
海外留学のための奨学金

海外留学のための奨学金として,筑波大学独自の事業である「筑波大学海外留学支援事業(はばたけ!筑大生)」「筑波大学基金開学40+101周年記念募金海外留学支援事業」,筑波大学以外の機関からの海外留学支援事業である「官民協働海外留学支援制度 トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」「日本学生支援機構 海外留学支援制度」「日本学術振興会 若手研究者海外挑戦プログラム」などがあります。

それぞれ応募条件,支援金額,募集時期等が異なりますので,各事業の詳細について下記を確認してください。

平成30年度学生の海外派遣支援事業募集予定一覧

平成30年度の海外派遣支援事業募集予定については,下記PDFをご参照ください。

海外留学支援事業(はばたけ!筑大生)平成30年度募集(特別追加募集)

国際交流協定校交換留学支援プログラム

今回は募集しません

平成29年12月期募集又は平成30年4月期募集で採択となった留学の報告書

キャンパス イン キャンパス(CiC)等支援プログラム

(平成30年4月期募集から旅費支給の方法が変わりました。)

  • 事業:キャンパス イン キャンパス(CiC)対応大学又はダブルディグリープログラム、ジョイントディグリープログラム等(DDP等)を実施する大学との間で締結された協定書に基づき、海外の大学で学修、調査・研究を行う
  • 期間:平成30年12月~平成31年3月出発
  • 旅費の支援:上限8万円/暦月、ただし、CiC短期は上限15万円
  • 申請者:学生派遣を行う教育組織の長
  • 申請締切:平成30年10月31日(水)エリア支援室等(ただし、学類事務室、専攻事務室の締切日は早めに設定されている場合がありますので、支援室、学類事務室、専攻事務室で確認してください。)

Campus in Campus 紹介動画 The whole world is your campus ₋ Campus in Campus

https://youtu.be/buNlg0Iyu84

海外武者修行支援プログラム

今回は募集しません。

平成30年4月期募集で採択となった企画の報告書

海外学会等参加支援プログラム

  • 事業:海外で開催される国際学会、シンポジウム、研究集会へ出席し、必ず研究発表を行う
  • 期間:平成30年12月~平成31年3月
  • 旅費の支援:上限15万円
  • 申請者:教育組織の長が順位を付して申請
  • 申請締切:平成30年10月31日(水)エリア支援室等(ただし、学類事務室、専攻事務室の締切日は早めに設定されている場合がありますので、支援室、学類事務室、専攻事務室で確認してください。)

語学研修・海外研修参加支援プログラム

(平成30年4月期募集から名称が変更されました。)

  • 事業:本学主催、学内組織主催又は共同して海外で開催する語学学習を伴う研修や、専門科目に関する学修、調査・研究などの海外研修プログラムに参加する
  • 期間:平成30年12月~平成31年3月
  • 旅費の支援:上限10万円
  • 申請者:語学研修・海外研修参加支援プログラムの本学側の学内組織の長
  • 申請締切:平成30年10月31日(水)エリア支援室等(ただし、学類事務室、専攻事務室の締切日は早めに設定されている場合がありますので、支援室、学類事務室、専攻事務室で確認してください。)

筑波大学基金「開学40+101周年記念募金」海外留学支援事業

筑波大学基金「開学40+101周年記念募金」海外留学支援事業は,平成26年度より開学40+101周年記念事業として学生の海外留学等支援を実施し,グローバル人材の育成を推進するものです。学生の短期留学,海外キャンパスの充実・整備及び附属学校の国際交流事業の支援を行います。

平成30年度 筑波大学基金「開学40+101周年記念募金」海外留学支援事業に係る派遣学生(交換留学)の募集について

本学と学生交流協定を締結している海外の大学に,平成30年8月11日から平成31年3月31日までに交換留学を開始する学群生・大学院生で,筑波大学基金「開学40+101周年記念募金」海外留学支援事業による支援を希望する者は,以下により申請してください。

  • 申請方法:申請を希望する者は,下記に掲載された募集要項を熟読の上,申請者登録票により学生交流課(海外留学)あてに申請書類様式を請求し,申請書類一式を作成の上,締め切りまでに所属する教育組織に対応する支援室の窓口まで提出してください。
  • 申請締切:平成30年6月22日(金)17時

※ 筑波大学基金「開学40+101周年記念募金」海外留学支援事業は,平成26年度より開学40+101周年記念事業として学生の海外留学等支援を実施し,グローバル人材の育成を推進するものです。学生の短期留学,海外キャンパスの充実・整備及び附属学校の国際交流事業の支援を行います。

問合せ先

学生部学生交流課(海外留学)isc-kaigai#@#un.tsukuba.ac.jp(#@#を 「@」 に置き換えてください)


海外留学支援制度(協定派遣)

独立行政法人日本学生支援機構が実施する奨学金制度で,8日以上1年以内で学生交流に関する協定を締結している大学等に学生を派遣するプログラムを実施する場合,そのプログラムを支援する制度です。


海外留学支援制度(大学院学位取得型)

我が国から諸外国の大学へ学位(修士または博士)の取得を目的として留学する日本人学生等に対し,独立行政法人日本学生支援機構が奨学金及び授業料を支給する制度です。

2019年度海外留学支援制度(大学院学位取得型)の募集について

修士又は博士の学位を取得するために留学(ジョイント・ディグリー及びダブルディグリー等国際共同学位プログラムによる留学を含む。)する日本人学生等を対象に,日本学生支援機構による海外留学支援制度(大学院学位取得型)の募集を行います。
支援を希望する者は,下記および募集要項等をよく読んだ上で応募してください。

支援の内容

(1)対象分野:
  修士又は博士の学位取得が可能な分野(芸術の実技分野を除く)。
(2)対象国(地域):
  (1)について学位取得可能な大学が所在する諸外国(地域)。
(3)支援期間:
  申請内容等を考慮し,修士の学位を取得するコースは2年,
  博士の学位を取得するコースは原則3年を限度とします。
(4)支給内容:
  支援期間中,派遣学生に対して奨学金及び授業料 (以下 「奨学金等」 という。) を支給します。
   1.奨学金月額 (平成30年度実績。予算の状況により金額を変更する場合があります。):
    148,000円(指定都市)
    118,000円(甲地区)
    104,000円(乙地区)
    89,000円(丙地区)
   2.授業料(保険料等の各種経費は除く。):
    授業料は,1万米ドル相当までは実費額を支給し,1万米ドル相当を超える場合は,
    採用状況により予算の範囲内で追加支給する場合があります。
    ただし,2,500,000円を上限とします。
(5)支援開始時期:
 2019年4月1日から2020年3月31日までの間に,留学先大学が所在する諸外国(地域)において,学位取得のための正式な教育課程での学修・研究活動を開始する者については,入学する月から支援を開始します。
 また,既に学位取得のための正式な課程に留学中の者で,学修・研究活動を継続する者については,2019年4月1日から2020年3月31日までの間で新たな学年となる月より,支援を開始します。

応募締切

平成30年10月17日(水)17時必着

応募方法

応募を希望する者は,応募書類を作成・取りまとめの上,所属する教育組織に対応したエリア支援室(※)へ提出してください。なお,電子ファイルについては下記問い合わせ先のメールアドレスまで直接送信してください。

※筑波大学を卒業・修了し,平成30年10月現在で在学していない者については筑波大学学生交流課(海外留学)へ直接提出願います。

募集要項等

募集要項・応募者作成書類等は以下日本学生支援機構ウェブサイトよりダウンロードしてください。
http://www.jasso.go.jp/scholarship/long_term_h.html

(本件問い合わせ先)

筑波大学学生交流課(海外留学)
029-853-6792
Isc-kaigai#@#un.tsukuba.ac.jp(#@#を 「@」 に置き換えてください)


若手研究者海外挑戦プログラム

本プログラムは,独立行政法人日本学術振興会により,海外という新たな環境へ挑戦し,3か月~1年程度海外の研究者と共同して研究に従事する機会を提供することを通じて,将来国際的な活躍が期待できる豊かな経験を持ち合わせた優秀な博士後期課程学生等の育成に寄与することを目的として平成29年度より開始されたものです。

平成31年度(2019年度)募集について

本プログラムへの申請希望者は,下記ウェブサイトに掲載されている募集要項等を熟読の上,下記の通り申請してください。

(日本学術振興会 若手研究者海外挑戦プログラムのサイト)
http://www.jsps.go.jp/j-abc/index.html

【対象分野】

人文学,社会科学および自然科学の全分野

【申請資格】

1. 平成31年(2019年)4月1日,大学院博士後期課程に在籍する者
2. 申請時かつ採用時に日本国籍を持つ又は,日本に永住を許可されている外国人
3. 連続して3か月以上,研究のために海外に滞在した経験のない者(申請時において既に研究のために海外に滞在中で,連続して3ヶ月以上海外に滞在する予定の者も申請できません)

【派遣期間】

派遣開始日から3か月~1年
派遣開始日:平成31年(2019年)4月1日~翌年3月31日

【支給経費】

1. 往復航空賃(日本国内の移動分は除く)
2.滞在費(派遣国によって異なる。派遣期間に依らず1件当たり100~140万円)
3. 研究活動費(派遣先研究機関の請求に基づきベンチフィーを支給,上限20万円)

【申請手続き】

下記日本学術振興会の電子システムより申請を行ってください。
http://www-shinsei.jsps.go.jp/index2.html

注:申請者用のID・パスワードについては日本学術振興会の「研究者養成事業」のものと共通です。IDを取得していない場合は,下記様式に記入の上,各支援室等の学生支援担当窓口へ申請してください。

ID・パスワード申請書様式(EXCEL)

【申請期限】

9月14日(金)17時(厳守)

【本件問い合わせ先】

筑波大学学生部学生交流課 海外留学担当
029-853-6792
isc-kaigai#@#un.tsukuba.ac.jp(#@#を 「@」 に置き換えてください)


外国政府奨学金

外国政府奨学金留学生は,外国の政府が奨学金を支給して日本人学生等を自国に留学させるものです。留学の条件や対象は,それぞれの政府により異なります。

民間奨学財団の奨学金

民間の奨学財団が,各財団の趣旨により,海外に留学する日本人学生に対して奨学金を支給するものです。内容等は各財団により異なります。

筑波大学「世界を変えよう基金」

筑波大学「世界を変えよう基金」は,本学の客員教授を務める鈴木英明氏の提唱により2015年12月に創設され,大学内外の社会的・文化的ニーズに貢献する活動を行う筑波大学の学生を支援することを主な目的として活動しています。
本基金では社会・文化貢献事業支援や途上国ボランティア活動支援等,海外留学にとどまらない海外での活動を支援しておりますので,興味がある方は下記リンク先より詳細をご確認ください。
筑波大学「世界を変えよう基金」ウェブサイト

このページのトップへ