印刷

在学生の方へ

留学生のための学生支援
継続就職活動のための在留(重要)

留学生(正規生に限る。)が,大学卒業後,就職活動を行っており,かつ,大学による推薦がある場合には,「特定活動」へ在留資格を変更し,更に1回の在留期間更新をすることにより,最長1年程度滞在し,就職活動を継続することができます。この間,個別の申請に基づき,週28時間以内の資格外活動の許可が与えられます。
推薦状の発行については学生交流課で申請してください。
在留資格変更手続きは地方入国管理局で行ってください。提出書類は以下のとおりです。

1. 在留中の一切の経費の支弁能力を証する文書,当該外国人以外の者が経費支弁をする場合には,
 その者の支弁能力を証する文書及びその者が支弁するに至った経緯を明らかにする文書
2. 直前まで在籍していた大学の卒業証書又は卒業証明書
3. 直前まで在籍していた大学による継続就職活動についての推薦状
4. 継続就職活動を行っていることを明らかにする資料

このページのトップへ