印刷

在学生の方へ

留学生のための学生支援
文部科学省奨学金 よくある質問

一般的な質問

日本政府(国費)奨学金とは何ですか?

日本国政府の文部科学省が提供している奨学金制度です。

日本政府(国費)奨学金はどこで申し込めますか?

日本政府(国費)奨学金は,大学ではなく自国の日本の在外公館(大使館・領事館)に申し込んでください。(海外から申し込む場合は「大使館推薦」になります。)詳細は最寄りの在外公館にお問い合わせください。

書類について

「受入内諾書」とは何ですか?

受入内諾書とは,あなたがすべての選考に合格した場合に本学の研究科があなたを受け入れることを証明する非公式な文書です。しかしながら,この時点では最終的に公式にあなたが入学を許可されるかどうかは保証されませんのでご注意ください。受入内諾書の所定の様式は在外公館から提供されます。

「入学(受入)許可書」とは何ですか?受入内諾書とどう違いますか?

入学(受入)許可書とは,あなたがすべての選考に合格した場合に本学が正式に入学(受入)を許可することを証明する公式の文書です。一方,受入内諾書は,非公式文書とは言え,在外公館及び文部科学省に筑波大学との間にコネクションを築いたことを証明する一助となるでしょう。しかしながら,非公式文書であるため(ごく希に)何らかの理由で最終的に選考されないという場合があります。こうした事態を避けるために,本学では受入内諾書の発行を依頼された場合でも,可能な限り公式な入学(受入)許可書を発行できるよう努めます。
ただし,入学(受入)許可書が発行されるのは,(1)あなたから完全な書類が送られてきた場合で,(2)研究科が公式に入学(受入)を認め,なおかつ(3)その選考結果が筑波大学の学内最終締め切りに間に合うことが条件となります。なお,候補者が入学(受入)許可書を依頼した場合でも,上記条件を満たさない場合,受入内諾書しか発行できない場合もありますので,関係書類を送付する際は必ず受入内諾書の様式も同封してください。

受入内諾書または入学(受入)許可書を取得しなければならないのはどんな人ですか?

受入内諾書または入学(受入)許可書を取得できるのは在外公館による第一次選考合格者のみとなりました。大学あてに送付した関係書類の中に在外公館による第一次選考合格証明書が同封されていない場合は,受入内諾書または入学(受入)許可書の発行依頼は受け付けられませんのでご注意ください。なお,補欠候補者の場合は,指導教員との連絡を開始することはできますが,この場合,あくまで現段階では補欠であることを指導教員に伝えるのを忘れないようにしてください。

大学にはどんな書類を送ればよいですか?

在外公館から提供される日本政府奨学金留学生(国費留学生)の募集要項の中に,大学に送るべき書類として以下のように書かれています。
入学許可書等を得るための大学への提出資料としては,在外公館への提出書類一式(申請書,出身大学の成績証明書,専攻分野及び研究計画等に在外公館の確認印が押されたもの。)及び在外公館が発行する第1次選考合格証明書を基本とし,この他,大学からの指示に応じて必要書類を追加するものとする。(2011年現在)
大学が要求する追加資料は研究科や連絡をとっている指導教員の方針により異なります。指導教員にお尋ねください。必要書類を送付する場合,PDFファイル,スキャナで取り込んだ画像データ,FAX,在外公館の確認印のないコピーだけでは受け付けられません。必ず郵送で指導教員に原本を送ってください。ただし,在外公館の確認印は公印である必要はありません。在外公館名の入ったゴム印等で構いません。 また,受入内諾書の様式を同封するのを忘れないようにしてください。

書類は誰に送ればよいですか?

連絡をとっている指導(希望)教員に直接送付してください。

連絡と手続き

どうやって指導教員を探せばよいですか?

まずは  筑波大学概要  を参照してください。

通常,希望の各研究科のウェブサイト筑波大学研究者総覧(TRIOS)から情報を得ることをお勧めします。また,学生交流課では,教員やその研究分野の一覧を掲載した英語による「入学案内」を提供しています。

連絡した教員から返信がありません。どうしたらよいですか?

9月,10月は夏休みの時期なので,夏季休暇やフィールドワークのための長期出張などで教員が不在の場合もあります。前述のとおり,筑波大学には1600名を超える教員が在籍していますので,留学生センターでは個々の教員の予定を把握していません。教員が所属する研究科の事務室に直接お問い合わせください。
各研究科のウェブサイトで問い合わせ先が見つからない場合は,入学案内の「その他」の章の最後のページにも連絡先が掲載されています。

ご注意:返信をもらえない場合の事例として,韓国語,中国語など日本語以外のウェブメールサービスからメールを送ると,メール本文を日本語で書いたとしても文字化けがおこり,指導教員が読めないということがあります。ウェブメールを用いて日本語のメールを送信する場合は日本のウェブメールサービスのアカウントを取得してメールを送信することをお勧めします。

入学(受入)許可書または受入内諾書の発行までにどんな手続きがあるのですか?すぐに取得できますか?

いいえ。以下の各項目毎にそれなりの時間と手続きがかかります。

1. 最適な指導教員を探す時間
2. 指導(希望)教員に書類を郵送する時間
3. 書類を確認し検討する時間
4. あなたの動機や能力等を知るためにやりとりを行う時間
5. 研究科で選考会議を開く時間
6. 他の候補者の書類を待つ時間(いくつかの申請をまとめて処理します。)
7. 大学の公印を得るための手続きにかかる時間
8. 入学(受入)許可書または受入内諾書を留学生センターからあなたに郵送する時間

入学(受入)許可書または受入内諾書を受け取りました。次にどうしたらよいですか?

速やかに在外公館に提出してください。

最終的に筑波大学への入学(受入)を許可されたら,学生宿舎に入居することはできますか?可能な場合,渡日前に申し込む必要がありますか?

学生宿舎の単身用の部屋に入居することができます。留学生センターでは渡日する国費留学生の一覧を予め学生宿舎管理事務所に送付しています。渡日前に自分で申込みを行う必要はありません。
規則により,研究生は世帯用の宿舎には入居できませんので注意してください。家族を呼び寄せる場合には自分で学外のアパートを探す必要があります。また,家族招請のためには入国上多くの手続きがありますので,まずは単身で渡日し,必要な手続きを済ませてから家族を呼び寄せることを強くお勧めします。

その他の問い合わせ

まだ質問があります。問い合わせ先を教えてください。

問い合わせ先一覧のページをご覧ください。

このページのトップへ