印刷

お知らせ・情報

世界柔道選手権大会2010東京大会で本学学生,卒業生が大活躍

(2010.09.09-13)

 柔道の世界選手権2010が東京・国立代々木競技場第一体育館で9月9日~13日の5日間で行われ,本学の学群生4人,大学院生3人,卒業生3人の10人が日本代表選手として参加しました。
連日,各階級で熱戦が繰り広げられ,本学学生が金2,銀1,銅3,卒業生が金2,銀1,銅1の合計10個のメダルを獲得する大活躍を見せました。
今大会のメダルには,講道館柔道の創設者であり,「柔道の父」と呼ばれた,生誕150周年の嘉納治五郎の姿と彼の教えである「精力善用 自他共栄」の文字が彫られています。
なお,今大会,本学関係の獲得メダル数は,日本選手団が獲得した全23個のうち,4割強を占めたことになります。

金メダル
男子66キロ級 森下純平(体育専門学群2年)
男子73キロ級 秋本啓之(人間総合科学研究科体育学専攻2年:了徳寺学園職員)
女子78キロ超級 杉本美香(体育専門学群卒:コマツ)
女子無差別級   〃      〃
銀メダル
男子90キロ級 西山大希(体育専門学群2年)
女子48キロ級 福見友子(体育専門学群卒,人間総合科学研究科体育学専攻修了:了徳寺学園職員)
銅メダル
男子60キロ級 平岡拓晃(人間総合科学研究科体育学専攻1年:了徳寺学園職員)
男子73キロ級 粟野靖浩(体育専門学群4年)
男子81キロ級 高松正裕(体育専門学群卒:桐蔭学園高等学校教員)
女子78キロ級 緒方亜香里(体育専門学群2年)

試合

森下純平選手(金メダル:男子66キロ級)
  • 準決勝
    対戦者:コルバル・ロワク選手(右) 対戦者:コルバル・ロワク選手(右)
    拡大画像
  • 準々決勝
    対戦者:世界ランキング1位のツァガーンバータル・ハシュバータル選手(右) 対戦者:世界ランキング1位のツァガーンバータル・ハシュバータル選手(右)
    拡大画像
  • 2回戦
    対戦者:リンタマキ・アンティ選手(右) 対戦者:リンタマキ・アンティ選手(右)
    拡大画像
福見友子選手(銀メダル:女子48キロ級)
  • 決勝
    対戦者:浅見八瑠奈選手(右) 対戦者:浅見八瑠奈選手(右)
    拡大画像
  • 準々決勝
    対戦者:パレト・パウラ選手(下)対戦者:パレト・パウラ選手(下)
    拡大画像
  • 3回戦
    対戦者:パイエ・リティティア選手(右) 対戦者:パイエ・リティティア選手(右)
    拡大画像
平岡拓晃選手(銅メダル:男子60キロ級)
  • 3位決定戦
    対戦者:ムドラノフ・ベスラン選手(右) 対戦者:ムドラノフ・ベスラン選手(右)
    拡大画像
  • 準々決勝
    対戦者:ガルスチャン・アルセン選手(左) 対戦者:ガルスチャン・アルセン選手(左)
    拡大画像
  • 3回戦
    対戦者:ペトリコフ・パベル選手(右) 対戦者:ペトリコフ・パベル選手(右)
    拡大画像

メダルと共に

秋本啓之選手(表彰式翌日の金メダリスト会見)
森下純平選手(金メダル)
  • 表彰台に立つ森下選手
    表彰台に立つ森下選手
    拡大画像
  • メダリスト記念撮影(森下選手は表彰台左から2人目)
    メダリスト記念撮影(森下選手は表彰台左から2人目)
    拡大画像

福見友子選手(銀メダル)
平岡拓晃選手(銅メダル)
  • メダルを手にする平岡選手(右端) メダルを手にする平岡選手(右端)
    拡大画像

関連リンク

このページのトップへ