印刷

お知らせ・情報

受賞・表彰

第114回日本眼科学会総会座長賞
人間総合科学研究科  加治 優一

(受賞日:2010.04.15)
 加治優一講師(人間総合科学研究科,疾患制御医学専攻,眼科学分野)は,大鹿哲郎教授(同)との共同研究による「Avellinoおよび格子状角膜ジストロフィーに対する光線力学療法の基礎開発」によって,2010(平成22)年4月15日?18日に名古屋国際会議場で開催された第114回日本眼科学会総会で,14日,座長賞を受賞しました。
 この研究は,遺伝性に両眼の角膜が混濁し失明に至る疾患である角膜ジストロフィーの原因を,合成ペプチドを用いて分子レベルで明らかにするとともに,アミロイドを標識する蛍光色素であるチオフラビンTを用いてアミロイドを分子レベルで破砕することを証明したものです。この研究の成果により,角膜移植以外には有効な治療法の無い角膜ジストロフィーに対して,レーザー治療という新しい治療法を提供できる可能性が高まりました。

このページのトップへ