印刷

お知らせ・情報

受賞・表彰

Humboldt Alumni Award for Innovative Networking Initiatives 2010
ビジネス科学研究科  新井 誠

(受賞日:2010.06.21)
 新井誠教授(筑波大学ビジネス科学研究科)は,認知症高齢者へのより人道的な処遇と,彼らが社会に溶け込めるような加齢に関する研究を推進してきましたが,それが「革新的なネットワーク戦略」として極めて高く評価され,アレキサンダー・フォン・フンボルト財団フンボルト同窓会賞を受賞しました。
 この賞は,ドイツとフンボルト同窓生の母国との,学術・文化的関係の促進,連携強化のために,ドイツ連邦教育省等の出悁によって創設されたもので,2010年度は3つのプロジェクト(日本,イタリア,チリ)が受賞対象となり,2010(平成22)年6月21日,ベルリンで開催されるフンボルト財団年次総会にて,1プロジェクト当たり25,000ユーロを授与する受賞式が挙行されます。
 新井教授は,ドイツ・アジア間にネットワークを構築し,法学や医学などさまざまな分野のドイツとアジアの学者,公務員,実務家,他の関係団体によるワークショップやセミナーの開催を組織化します。これによって,認知症高齢者へのケアの持続的な向上が期待されるという「革新的なネットワーク戦略」の取り組みが評価され,この度の受賞となりました。
新井教授(中央)と,同時に受賞した Claudio Borri 教授(左:フィレンツェ大学システム工学)及び Victor Fernando Lolas Stepke 教授(右:チリ大学生理学)
新井教授(中央)と,同時に受賞した Claudio Borri 教授(左:フィレンツェ大学システム工学)及び Victor Fernando Lolas Stepke 教授(右:チリ大学生理学)

このページのトップへ