印刷

お知らせ・情報

受賞・表彰

Outstanding Poster Award of the 49th Annual Meeting of Particle Therapy Co-Operative Group, Scientific Meeting, 2010.
人間総合科学研究科  照沼 利之

(受賞日:2010.05.21)
 照沼利之助手(人間総合科学研究科)は,櫻井英幸教授(同),榮武二教授(同), 坪井康次教授(同)との共同研究による“Development of multiple regions tracking system to reduce inter and intra-fractional error for proton therapy”によって,2010(平成22)年5月20日?22日にグリーンドーム前橋で開催された 49th Annual Meeting of Particle Therapy Co-Operative Group, Scientific Meeting, 2010. の開催期間中である21日,Outstanding Poster Awardを受賞しました。
 この賞は,上記国際会議で発表された生物分野,臨床分野,物理分野の合計139演題の中から各分野の優れた発表に対して贈られるものであり,物理分野からは89演題の中から,2名のみが受賞しました。
 この研究では,体外から放射線を腫瘍に照射する場合の照射精度と,その再現性を高めることを目的に,体内の多領域の位置をリアルタイムで測定する技術を開発しました。この研究の成果により,標的となる腫瘍の動きだけでなく,治療ビームが腫瘍に到達するまでの通り道にある骨構造などの位置を測定することが可能となります。
 今後,この技術の臨床導入によって,腫瘍に確実に放射線量を照射するとともに,腫瘍付近の正常組織が受ける不必要な放射線量をさらに低減できることが期待でき,より治療効果の高い陽子線治療を提供できる可能性が高まりました。

このページのトップへ