印刷

お知らせ・情報

受賞・表彰

第10回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会優秀演題賞
附属病院  宜保 英彦

(受賞日:2010.07.03)
 宜保英彦後期研修医(研修先:筑波大学附属病院水戸地域医療教育センター(科長:曽根博仁教授(筑波大学人間総合科学研究科,臨床医学系)),内分泌代謝・糖尿病内科)は,2010(平成22)年7月2日,3日に大宮ソニックシティ(埼玉県さいたま市)で開催された,第10回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会において,演題「両側基底核,小脳歯状核,大脳皮質下白質,深部白質に石灰化を来した一例」により,優秀演題賞を受賞しました。
 これは,宜保研修医が,副甲状腺機能亢進症とFahr病との診断における鑑別の重要性を指摘したことが評価されたものです。


このページのトップへ