印刷

お知らせ・情報

受賞・表彰

ドイツ連邦共和国功労勲章一等功労十字章(Verdienstkreuz I.Klasse)
ビジネス科学研究科  新井 誠

(受賞日:2010.09.28)
 新井誠筑波大学法科大学院長(筑波大学ビジネス科学研究科法曹専攻長,教授)が,ドイツ連邦共和国大統領からドイツ連邦共和国功労勲章一等功労十字章を受章し,2010(平成22)年9月28日に在日本ドイツ連邦共和国大使館大使公邸(東京・港区)で Volker STANZEL(フォルカー・シュタンツェル)大使から伝達されました。
 新井教授は,1979年にルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘンの大学院で法学博士(Dr.jur)の学位を取得し,その後,ドイツの法学者との研究交流を継続的に推進して,日独共通の社会問題として深刻化する高齢化社会への対応に焦点をあてた多くの研究会やシンポジウムなどを開催し,日独の学術交流に尽力しました。
 今回の受章は,新井教授の長年にわたるドイツと日本の学術交流,とりわけ,成年後見法と信託法の分野での継続的な学術交流,特に,成年後見法を日本に紹介して定着させたことは非常に意義深く,この実績に係る貢献が認められたものです。
Volker STANZEL大使から章を受け取る新井教授(右)
Volker STANZEL大使から章を受け取る新井教授(右)
山田信博筑波大学長(右から3人目)を交えての記念撮影
山田信博筑波大学長(右から3人目)を交えての記念撮影
受章会場(大使館大使公邸内)
受章会場(大使館大使公邸内)

このページのトップへ