印刷

お知らせ・情報

受賞・表彰

Best Presentation Award  第12回国際精子学シンポジウム
  柴小菊

(受賞日:2014.08.14)
柴小菊助教(生命環境系、下田臨海実験センター)は,2014(平成26)
年8月10日~14日にオーストラリア・ニューキャッスルにて開催された
12th International Symposium on Spermatology(12th ISS:第12回国際
精子学シンポジウム)において,“The role of soluble adenylyl
cyclase in the regulation of flagellar motility in Ciona
sperm”と題した口頭発表を行い,最終日の14日に“Best Presentation
Award”を受賞しました。
(右から) 第12回国際精子学シンポジウム大会委員長・R. John Aitkenニューキャッスル大学教授,柴助教,毛利秀雄東京大学名誉教授
(右から) 第12回国際精子学シンポジウム大会委員長・R. John Aitkenニューキャッスル大学教授,柴助教,毛利秀雄東京大学名誉教授

このページのトップへ