印刷

お知らせ・情報

受賞・表彰

2016年度 Bruno Pontecorvo prize
数理物質系  Kim Soo-Bong

(受賞日:2017.02.24)
数理物質系 海外リサーチユニットPIのKim Soo-Bong(キムスーボン)教授(ソウル大学校)は,2016年度 Bruno Pontecorvo prizeを受賞しました。

本賞は、Joint Institute for Nuclear Research (JINR), Dubna, Russia で1995年から出されている素粒子物理学,特にニュートリノ物理学分野の賞で,毎年1~3名に授与されています。

受賞理由は「DAYA BAY 実験,RENO実験,T2K実験におけるニュートリノ振動現象の研究とθ13混合角の測定への貢献」で,WANG Yifang氏(DAYA BAY実験),西川公一郎氏(T2K実験)との共同受賞です。

なお,RENO(Reactor Experiment for Neutrino Oscillation)実験は,韓国で行われた原子炉ニュートリノを用いた短基線ニュートリノ実験(下記の資料参照)です。2012年4月にニュートリノ混合角θ13を測定することに成功しました。また,DAYA BAY実験、T2K実験とともに十分高精度でθ13を決定しました。
Kim Soo-Bong教授
Kim Soo-Bong教授

PDF

このページのトップへ