筑波大学|お知らせ・情報|注目の研究|充電不要の革新的な電池技術「熱発電」に成功 ~室温付近の未利用熱エネルギーを低コストで電力に~

印刷

お知らせ・情報

充電不要の革新的な電池技術「熱発電」に成功 ~室温付近の未利用熱エネルギーを低コストで電力に~

2017/12/09

筑波大学 数理物質系 エネルギー物質科学研究センター(TREIMS) 守友浩教授の研究グループは、コバルトプルシャンブルー類似体を正極と負極に配置したイオン電池型熱発電セルを作成し、28℃と50℃の温度サイクルで熱発電を実現しました。この発電の熱効率は1%であり、その効率は理論効率の11%に迫っています。この技術は室温付近の未利用熱エネルギーを低コストで電力に変換するため、地球温暖化対策の切り札と考えられます。

図 イオン電池型熱発電セルの原理

PDF資料

このページのトップへ