筑波大学|お知らせ・情報|注目の研究|光・放射光X線・電子線を駆使して高性能強誘電体に潜むフラクタル性を解明

印刷

お知らせ・情報

光・放射光X線・電子線を駆使して高性能強誘電体に潜むフラクタル性を解明

2017/12/13

島根大学の塚田真也准教授、量子科学技術研究開発機構の大和田謙二上席研究員、岐阜大学の大和英弘准教授・安田直彦名誉教授、大阪府立大学の森茂生教授、筑波大学の小島誠治特命教授、関西学院大学の寺内暉名誉教授らの研究グループは、高性能な強誘電体結晶に潜む「フラクタル性」を光や放射光X線・電子線を組み合わせて広い時間・空間領域で明らかにしました。

図 Pb(In1/2Nb1/2)O3においてIn原子とNb原子がバラバラに並んでいるとき(リラクサー強誘電体)の実験結果。(左)電子顕微鏡像。 (中)放射光X線散乱計測。 (右)光散乱計測。

PDF資料

このページのトップへ