English

教育

数理・データサイエンス・AI教育

筑波大学の数理・データサイエンス・AI教育プログラムの取組み

各教育プログラムのリンクはページ下部に記載しています



筑波大学の情報教育について

筑波大学では1973年の開学から今日に至るまで、基礎的な情報リテラシーとコンピューターの利用技術の習得を目的とした共通科目「情報」2単位を全ての学士課程の学生の必修科目として開設し、さらに、2019年度以降の入学者からは、データに基づいた客観的な判断や意思決定の必要性が社会においても強く認識されていることを鑑み、既存の共通科目「情報」2単位を「情報リテラシー(講義)」1単位及び「情報リテラシー(演習)」1単位に変更するとともに、新たに「データサイエンス」2単位を必修科目として開設し、計4単位を全ての学士課程の学生の必修科目として開設しました。
人文・生命・理工・情報・医学・体育・芸術など広範な分野にわたる教育を擁する大規模総合大学において、全ての学生が必修科目として講義形式とコンピューターでの演習を含めた発展的な情報教育を必修として履修する取り組みは当時では国内初であり、世界的にも先駆的に取り組みを行っています。


学士課程から博士後期課程にいたる全学的な数理・データサイエンス・AI 教育体制について

教育体制 本学の情報教育は、情報の専門人材の育成はもとより、他分野においても情報やデータサイエンスを活用できる人材を育成するなど、数理・データサイエンス・AI (Mathematics-Data Science-AI 、以下「MDA」という。)を活用して様々な分野の課題を解決する分野融合型研究の実践や人材育成に強みを有してきました。
このような実績を踏まえつつ、右図に示すとおり、学士課程から博士後期課程にいたる全学的なMDA教育の体制を構築するため、2021年度に教育担当副学長をリーダーとする「分野融合型数理・データサイエンス・AI 推進本部」を設け、本学における全学的なMDA教育を推進しています。


各プログラムの詳細ページはこちらから


  • データサイエンスリテラシープログラム
  • データサイエンス応用基礎プログラム
  • データサイエンスエキスパートプログラム
    ※現在作成中
  • データサイエンスエキスパートプラスプログラム
    ※現在作成中



各プログラムの概要及び実績

  1. データサイエンスリテラシープログラム

「情報リテラシー(講義)」1単位と「データサイエンス」2単位を全学必修科目として履修し、実践力重視のカリキュラム、教育効果測定結果を反映した教材設計、様々な学問分野でのデータ活用事例等、MDAを学ぶ動機を高めつつ専門性と学際性を担保しています。先導的で独自の工夫・特色を有し、これまでに全国で18大学等しか認定されていない「MDA 教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)プラス」に選定されるなど、実績を上げています。また、大学のウェブサイト上で教育プログラムの情報を公開するとともに、「データサイエンス」の教材として、現在講義動画20本を筑波大学オープンコースウェア(OCW)の「データサイエンス講義」で公開しています。


データサイエンスリテラシープログラム



  1. データサイエンス応用基礎プログラム

特定分野協力校(社会工学)として社会工学データサイエンス・ケースバンクづくりを推進しており、AI社会に対応した社会問題解決型の実践的データサイエンスを推進し、文理融合型の教育を展開してきました。当該実績を活用し、令和4年度には情報学群を主体として「MDA 教育プログラム(応用基礎レベル)」に認定されました。今後、応用基礎レベルプログラムの全学展開に取り組み、年間1,400名(理系の全学生及び他学群生の1割)の履修を目指します。


データサイエンス応用基礎プログラム



  1. データサイエンスエキスパートプログラム(DSEP)

データサイエンスエキスパートプログラム(DSEP) 右図のとおりシステム情報工学研究群の情報理工学位プログラム(博士前期課程)に履修モデルを設け実施しています。理工学の問題領域にて情報学的アプローチに基づく問題解決のためのデータマイニング、機械学習等の応用に焦点をあてた選択必修科目を中心とし「数値シミュレーション特論」、「データ解析特論」等の科目や、各分野への応用展開を図る科目により、博士前期課程レベルのMDAの理論的な裏付けと実践力を育成しています。DSEP履修者はダブル・メンター制(当該学生の研究指導教員と、MDA分野に精通した教員各1名を指定し2名による研究指導)により研究を推進します。


詳細はこちらから
(現在作成中)



  1. データサイエンスエキスパートプラスプログラム(DSE+P)

データサイエンスエキスパートプラスプログラム(DSE+P) 博士後期課程に「データサイエンスエキスパートプラスプログラム(DSE+P)」を設け、右図〔1〕~〔3〕の科目を履修するとともに、本学の強みである学際的融合研究を遂行する7つの学位プログラムの各研究室において研究活動及び博士論文執筆を行うことにより、MDA分野に深い造詣を有する博士後期課程レベルのエキスパート人材を育成します。学位取得後、当該プログラムの修了認定証の他に、学位の質保証のエビデンスとして、達成度評価に基づくディプロマ・サプリメントを発行します。また、担当教員により構成される達成度評価委員会を設け、履修生の学修状況を定期的に評価(達成度評価)することにより、学生の学修の質を担保します。
育成規模として、年約100名のエキスパート人材の育成を目指しており、さらに、DSE+P履修者のうち特に優秀な人材を10名程度選抜し、「トリプル・メンター制」「トップ人材養成特別演習(図1の〔4〕)」「特別RAへの任命」によりトップ人材養成特別教育を行い、上記のエキスパート人材のうち年約10名をアカデミアや産業界のリーダーとなるトップ人材として育成します。(2023年度本格実施予定)


詳細はこちらから
(現在作成中)


創基151年筑波大学開学50周年記念事業
創基151年筑波大学開学50周年記念事業