印刷

お知らせ・情報

植物ゲノム編集技術に関する国際シンポジウム

2015/11/28

主催:日本学術振興会 産学協力研究委員会 植物分子デザイン第178委員会

共催:SIP次世代農林水産業創造技術「新たな育種体系の確立」,筑波大学

日時:11月28日(土)13:00~18:00

場所:筑波大学春日エリア 情報メディアユニオンGooglrMap版へ
アクセス:
 筑波大学筑波キャンパスへは「筑波キャンパスへの交通アクセス」をご覧ください。
 利用停留所(関東鉄道バス):筑波大学中央行き又は筑波大学循環バス「筑波大学春日キャンパス
 つくばエクスプレス(TX)つくば駅徒歩7分

講演予定者:
Daniel Voytas (University of Minnesota)
Caixia Gao (Chinese Academy of Science)
Keiichi Nishida (Kobe University)
Takahiro Nakamura (Kyushu University)
Ayako Nishizawa-Yokoi (National Institute of Agrobiological Sciences)

シンポジウム参加費:無料

本シンポジウムでは新しい育種技術の一つとして注目が集まっているゲノム編集技術を用いた植物・作物の改良を行っている最先端の国内外研究者に御講演を頂く予定です。
皆さまの多数のご参加をお待ちしております。

PDF資料

このページのトップへ