印刷

お知らせ・情報

オリンピック教育国際シンポジウム2011を開催

2011/12/04

 12月4日(日),国立スポーツ科学センター(JISS)において,筑波大学(オリンピック教育プラットフォーム,身心統合スポーツ科学センター)と日本オリンピック・アカデミーによる共催で「オリンピック教育国際シンポジウム2011」が行われました。
 当日は,Sock Miang TEO KOH氏(シンガポール国立南洋理工大学),Wimonmas PRACHAKUL氏(タイ カセサート大学),Li-Hong HSU氏(台湾 大葉大学),Gwang OK氏(韓国 忠北大学校)および中塚義実教諭(筑波大学附属高校)によるオリンピック教育(オリンピック・ムーブメントの理念をもとに進める心身育成と国際理解教育)の紹介がなされました。
 外国のゲストの方々からは,それぞれの国で工夫されたオリンピック教育の紹介がありました。筑波大学附属高校の中塚教諭は,同校で展開されているオリンピック教育を紹介し,欧米一辺倒ではない,アジア独自のオリンピック教育,例えば嘉納治五郎先生の教えを加味した内容を考えるべきではと提案し,文武両道や心技体など,アジア的な視点でのオリンピック教育の内容を継続的に検討していこうという結論に至り,ゲストの方々は,次回,附属学校におけるオリンピック教育を見学したい,と表明されました。
 また,午前中に行われた筑波大学附属高校の生徒による北京での国際ピエール・ド・クーベルタン・ユースフォーラム参加報告では,附属高校2年星野慧さんが,海外の高校生とオリンピックをキーワードに交流したことで,オリンピック・ムーブメントに関心を持ち,将来,そうした勉強をしながらオリンピックに関わっていきたいと述べました。
 国際オリンピック委員会J.ロゲ会長や国際オリンピック・アカデミー I.クーベロス会長からは,筑波大学のオリンピック教育プラットフォーム(CORE)の発展に期待する旨のメッセージが寄せられました。

ゲストと会議関係者ら(後列右から3人目東照雄筑波大副学長 ,4人目筑波大学真田久教授(体育系),前列右中塚義実教諭(附属高校))
ゲストと会議関係者ら(後列右から3人目東照雄筑波大副学長 ,4人目筑波大学真田久教授(体育系),前列右中塚義実教諭(附属高校))
拡大画像
シンポジスト:左からプラチャクル氏,シュー氏,オク氏,中塚義実教諭
シンポジスト:左からプラチャクル氏,シュー氏,オク氏,中塚義実教諭
拡大画像
会場風景
会場風景
拡大画像

このページのトップへ