印刷

お知らせ・情報

「筑波大学-マレーシア日本国際工科院 (MJIIT) 国際共同学位プログラム (国際連携持続環境科学専攻設置) 協定書調印式・開始記念シンポジウム」を開催

2017/08/29

8月29日,クアラルンプール(マレーシア)にて「筑波大学-マレーシア日本国際工科院 (MJIIT) 国際共同学位プログラム (国際連携持続環境科学専攻設置) 協定書調印式・開始記念シンポジウム」を開催し,永田恭介学長が出席しました。

「国際共同学位プログラム(国際ジョイントディグリープログラム, JDP; 国際連携専攻)」は,環境科学・環境工学・環境政策を中心とした教育研究を実施し,専門的かつ俯瞰的な洞察力を持ち,問題解決並びに持続可能な社会の実現に寄与するグローバル人材を育成することを目的としています。自大学で1学期間コースワーク等を履修した後,相手大学において2学期間,専門科目の履修や修士論文研究遂行のためのフィールド調査等を行います。最後の1学期間は,自大学において修士論文を執筆し,2大学合同による最終審査を受けます。本専攻を修了すると,本学とマレーシア工科大学の連名により「修士(持続環境科学)」の学位が授与されます。
MJIITは、マレーシア工科大学に設置された国際工科院です。

平成29年9月25日から開催される「Tsukuba Global Science Week 2017」では,CiCジョイントセッション3-1(25日午後1時から)において、これまでのマレーシア工科大学教員との共同研究発表等が予定されています。今後,JDP等を通した海外との教育研究ネットワークが一層,充実していくことが期待されます。

左より,折笠公使、ルビヤMJIIT院長 (Professor Dr. Rubiyah Yusof, Dean of MJIIT)、永田学長、ヌール マレーシア高等教育省副事務次官(Professor Dr. Noor Azizi Ismail, Deputy Director General of Higher Education (Public HEIs), Ministry of Higher Education)、ワヒッド マレーシア工科大学学長(Professor Datuk IR. Dr. Wahid Omar, Vice-Chancellor, Universiti Teknologi Malaysia)

関連リンク

このページのトップへ