印刷

お知らせ・情報

五十殿利治特命教授が平成29年度(第68回)芸術選奨文部科学大臣賞を受賞

2018/03/13

3月13日永田町の都市センターホテルにおいて平成29年度(第68回)芸術選奨文部科学大臣賞・同新人賞の授賞式が開催され,本学芸術系の特命教授五十殿利治氏が,評論等部門において著書『非常時のモダニズム 1930年代帝国日本の美術』(東京大学出版会,2017年)の成果により文部科学大臣賞を受賞し,表彰状が授与されました。

受賞理由は「五十殿利治氏の研究は,ロシアアヴァンギャルドを視野に入れたことで,西欧美術との関係を重視してきた日本の近代美術史研究の可能性を大きく広げた。この度の著作「非常時のモダニズム」は,時代を少し下って1930年代に目を向け,暗い時代と見なしがちな短絡を戒める。戦争へと向かう時代に美術家がどのように「前向き」に表現と取り組んだかを丹念に追跡し,モダニズムが国境を越える国際性を有しながらも,彼らの生きる社会が国家による統制を強めていくさまを浮き彫りにした。」というものです。

このページのトップへ