印刷

お知らせ・情報

平成30年度第6回筑波大学FD研修会「学生支援FDの開催について ~自殺防止のための連携・対応について~」を実施

2018/07/31

7月31日,保健管理センター及び学生こころの健康委員会主催の「平成30年度第6回筑波大学FD研修会 学生支援FD~自殺防止のための連携・対応について~」を開催しました。
 
本研修会は,教育組織長及び各組織学生支援対応チーム構成員及びクラス担任など計103名の関係教職員出席のもと,以下のとおり実施しました。

(1)挨 拶  佐藤 忍 学生担当副学長
(2)自殺防止のための連携・対応について
   ・自殺防止のために教職員ができること ~いのちの門番~
    (田附 あえか:保健管理センター・学生相談)
(3)事例に基づくグループワークとまとめ
  ・事例検討
    (慶野 遥香:保健管理センター・学生相談)
  ・心配な学生の関わり方 ~気づく・かかわる・つなぐ・見守る~
    (田中 崇恵:保健管理センター・学生相談)
(4)総 括 坂本 透 保健管理センター所長

「自殺防止のための連携・対応について」として,田附保健管理センター学生相談室員から,自殺防止のために教職員ができることについて講演があり,そのなかで,総合相談窓口など各支援機関の紹介がありました。
「事例に関するグループワーク」では,所属組織にこだわらず5~6名で班を作り,保健管理センターで用意された検討シナリオへの対応について,各班において活発な意見交換が行われました。また,グループワーク終了後,まとめとして「心配な学生の関わり方」について,田中保健管理センター学生相談室員から説明がありました。

本研修会の最後に,坂本保健管理センター所長から総括がありました。

(佐藤学生担当副学長による開会の挨拶)

(事例グループワークでの議論の様子)

(坂本保健管理センター所長による総括)

このページのトップへ